わすれな街 | 仮想と現実を結ぶXRアニメーション

SCROLL

 

NEWS  ​フランス・アヌシーで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭2019の日本見本市に出展

仮想と現実を結ぶテクノロジー

体験型XRアニメーション

パートナーと協力しながら不思議な絵画の謎を解き明かす体験型コンテンツです

キャラクター

に乗り移って操作

VRとリアル間で

​会話

謎解きと物語

を楽しむ

ストーリー

ある倉庫に眠っていた、由来不明の絵画。

いつからか絵の中から泣き声が聞こえてくるようになったことから注目を集め、関心を持った研究者たちが研究をはじめます。

そこで開発されたのが、絵の中に入る事のできるデバイス。絵の中のキャラクターに乗り移り、空間を探索すれば、謎を解くヒントが得られるはずです。

体験方法

2つの役割にわかれて体験します。分析官の資料と、調査員が入手した絵の中の情報をもとに、謎を解いていきましょう。2人はモニタ画面を通して会話することができます。

絵の中に入り込み情報を収集

調査官

​手元の資料をもとに謎を解析

分析官

体験場所

今後、イベント出展や展示を行っていく予定です。

体験のご要望や展示のご相談はお問合せください。

©2019 KAORU/TOPPAN PRINTING CO., LTD.